VR SHINECONでスマホVRゴーグルを体験レビュー、その実力は!?

2017/2/20
 VR SHINECONの画像

スマホで遊べるVRとして今熱いVRゴーグルが、とうとうVR工房に届きました。 VRゴーグルは数多の種類がメーカーから出ておりますが、今回届いたのは【VR SHINECON】というモデルです。 こちらのモデルを実際に開封して遊んでみましたので、その様子をお届けします。

VRゴーグルとは:バーチャルリアリティを楽しめるゴーグルです。VR SHINECONはVRゴーグルの中にスマホを入れて、 VR専用の映像をゴーグルを通して見る事でVR体験ができます。

VR担当画像

VR担当プロフィール

PCゲーム大好きな駆け出しWEB担当。
PSVRとHTC viveとOculus RiftをプレイしてVRに目覚め始めています。

VR SHINECON 開封編

内容物の確認

届いたパッケージはコチラ、VRゴーグルを付けたハイテンションな白人男性に、黒と緑のデザインがスタイリッシュでいいですね。

SHINECONのパッケージ画像

パカッっと SHINECON 開封

中身は2段の箱になっています。これで全てのようです。 SHINECON 開封

こちらがVRゴーグル。プラスチックですがやわそうな感じはありません。まだ組み立て前なのでヘッドセットっぽくない感じです。

VR SHINECON

裏面のクッションです、ヘッドフォンによくあるクッション材みたいな感触です。

VR SHINECON 裏面

内容物を並べてみました。ヘッドセット自体は分解されて入っています。

内容物

中には以下の物が入っていました。

  • 3D VRゴーグル
  • ヘッドバンド
  • ヘッドフォン左右
  • クリーニングクロス
  • 取扱説明書 兼 保証書

組み立て編

組み立ては至極簡単でした。そもそも3個しかパーツがありませんからね。HTCviveやOculusRiftを導入した後なので凄くラクチンでした。 左右のヘッドセットとヘッドバンドを取付け口に刺せば終わりです。カチっと気持ちよくハマります。

パーツを用意して

ヘッドバンドとヘッドセット左右

カチッと!

ヘッドバンド装着

左右もカチッっと!

ヘッドセット左右装着

終わりです。簡単ですね

VRゴーグル完成

こちらが背面です、それっぽい感じが出てきました。

VRゴーグル完成 裏面

装着編 -ヘッドセットレビュー-

はやる気持ちを抑えてヘッドセットの調整に入ったのですが、ココが鬼門でした。 別に難しくはないんです。じゃあ何が問題だったのかって話なのですが、そもそも私の頭にフィットしないのです。 では、どうしたのか?

割と難しいバンド部分の調整

ヘッドセットは後ろのダイヤルで調整を行います。ダイヤルを手前に引くとカチっと音がして回るようになります。固定する時は押し込みましょう。

ヘッドセット調整用のダイヤル
調整している図

まぁ実際の調整は着けながらやったのですが、ダイヤルと一緒に髪の毛が絡むこと絡むこと。 ニット帽などで髪を保護するといいかもしれませんね。みなさん調整するときはお気をつけを。

そしてここで問題発生、VRゴーグルを顔にフィットさせて調整したのですが、 そうすると後頭部ではなく頭頂部付近にヘッドバンドがかかってしまうではないですか! かといってヘッドバンドを後頭部に調整するとゴーグルのクッションがおでこしか当たらない!(下半分が浮いている状態)

ではどうしたのか?

結果として我慢してプレイしました。

「おいっ!!」っと言われるかもですが、どうしようもなかったんです。もしかしたらこれが仕様の状態なのかもしれません、いやないか。 視聴はできますんで大丈夫です、頭を振ったりしなければ。

ちなみに他の人に試してもらったところ、一人は同じくフィットせず、もう一人はベストフィットでした。 頭の形状によっては上手くフィットしないケースがあるのかもしれません。 どうしてもフィットしない場合は手で支えつつプレイするといいです、ちょっと大変ですが。

レンズの調整

ゴーグル上面のダイヤルで調整しました。 焦点が合わないと目が痛くなるので、大変ありがたい機能です。 実際に動画を見つつ調整するといい感じです。

ヘッドフォンの調整

ヘッドフォンは引っ張るとぐいっと伸びます。頭に合わせて調節したのですが、 そもそもフィットしてないのでヘッドフォンの部分にゴーグルの加重がかかり、なぜか逆に安定しました。

スマートフォンを入れてみる(iPhone Android)

調整も終わったのでスマートフォンを入れてみます。 前のカバーをパカっとあけて、

VRゴーグルのカバーを開ける

そ~ちゃく!

VRゴーグルにiPhoneを装着する

いい感じです。ガッチリ動かないわけではなく適度に固定されています、頭を振った程度ではズレることもない感じです。
しかしここで何かおかしいと気が付きます。

そうです、ヘッドフォンです。装着しただけでどうやって付属ヘッドフォンから音を出すのかと。

基本説明書を読まない私ですが、今回はちゃんと読みました。 どうやらVRゴーグルからイヤホンジャック用のオーディオケーブルが出ているようです。

改めて調べてみると、

VRゴーグルにiPhoneを装着する
ありました、これのようです。

引っ張って、イヤホンジャックに刺すと音が出ました。 ゴーグル下面に操作パネルがあり、イヤホンジャックを刺すことで最低限の操作が可能になるようです。 (再生、停止やボリューム調整など)

余談なのですが、新型iPhoneのLightning ケーブルの場合は変換ケーブル等をかます必要がありそうです。

3D VRアプリを使ってみる。

検索してみるといろいろあるようです、ゾンビに襲われたり 旅行したりレースしたりなど。 「よくあるタイプだな~」と思い探してみたところ

なごみの耳かきVR なるものを発見。

公式サイトのよると、

VR空間で"なごみ"ちゃんに耳かきをしてもらうことが出来る癒やし系ゲームです。 ジャイロスコープが搭載されているスマートフォンとイヤホンがあれば、なごみちゃんにいつでも会うことが出来ます。 音声はバイノーラル収録しているので、耳元で囁かれているような感覚を体験してみてください!
なごみの耳かきVRより引用

なかなか興味深い内容です。久しく他人に耳かきをされていないので、この機にやって頂く事にしようと思います。

実際に体験プレイ -なごみの耳かきVRアプリで癒されてみた-

耳かき

どうやら主人公には従兄弟がいて、夏休みに遊びに行くようです。 仲のいい従兄弟(女の子)とか都市伝説的な存在です。 田舎まで会いに行ったので、長旅の疲れでウトウトし始める主人公。 ここでなごみちゃん待ってましたとばかりに耳かきを取り出しました。さすがです。

さて、では肝心の耳かきですが、

こそばゆ気持ちイイ

なごみちゃんが囁きつつ耳かきをしてくれるのですが、耳の中でゴソ ゴソと耳かき音がします。 これがなんといいますか、おへその奥がこそばゆい感じですごくリアルな体験なんです。

他にもおみ足に近づくと反応があったり、部屋全体を見回せたりとVRとしてはとても完成度が高いです。 私はHTCviveやOculusRiftなどのハイエンドVRをプレイ済みなので、どうしても比べてしまうのですが、 このアプリに関して言えば「耳かきVR」として万人にオススメしたいです。
ちょっと短いですがみなさんも是非プレイしてみてください。

まとめ -総評-

気になる点はあるがVRの性能は満足。今後に期待したい

フィッティングの面などに一抹の不満は残るものの、値段から考えれば概ね満足いくVRゴーグルです。 正直なお話をしますと、VR動画はVRというより3D映画のスクリーンを見ている感じだったのですが、 ことゲームとなると、視点を動かしたりアクションに対する反応があるので、まさに「バーチャルリアリティ」といった感じです。

「スマホでVRゲームアプリを楽しみたい。」 「高価なVR機器を買う前に一度試してみたい」といった方にお勧めです。

▼今回使用したVRゴーグルの商品ページはコチラ▼

VR SHINECON

  • 4~6インチのスマホに対応
  • 価格の安いVRゴーグルが欲しい方向け

▼その他のVRゴーグルの価格をチェック▼

TaoTronics 3D

  • 多彩な調整機能付き
  • ピント調整ができるので、近視などで調整したい方向け

GearVR

  • Galaxyシリーズのスマホに対応
  • 少々高価だが、クオリティ重視の方向け

VR BOX

  • 3.5~6インチのスマホに対応
  • 価格の安いVRゴーグルが欲しい方向け

この記事はいかがでしたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

VRメガネに関する他の記事はコチラ