一部コメントを掲載

Q:商品の梱包に、「エアマット(プチプチ)」だけでなく「新聞紙」も使用するようになりましたがどうですか?
よいことだと思う
 65%
・梱包ではなくパソコン補修部品というのを変えて欲しい
・使えるモノは使うべし
・商品が汚れない様にされていれば、エコロジーでOK
・プチプチの処分にこまってたのでいいと思います
・やはりもったいないし
・環境対策としてはいい取り組みだと思います
・プチプチは会社-会社の取引で。個人では処分が……
・安全性が上がって良いと思います。
・希望者には紙袋に入れるだけの発送なんてのもあり?
・使用済みの新聞紙かきになりますが
・良いことだけど、商品にインクとか付きそう。
・プチプチは処分に困ります
・商品に傷さえ付かなければ、良い試みだと思います。
・チーム・マイナス6%バンザイ!!
・ケースなどに影響がなければ全然問題がないと思う。
・環境対策は大事です♪
・自然の為を考えたならエアマット削減は良いです
・送料無料最高。今後も続けてください、お願いします。
・その方がより安全
・コスト削減としては良い インクがつかぬよう注意
・新聞は少し古い(柔らかい)物にしてほしい。
・商品に影響がなければOK+環境に良いならグッド。
・インクが商品に移らないような配慮があればですが
・新聞紙の方が捨てるのが楽でイイ!
・こだわりません、安ければ。
・発送の商品名をいくつか指定できるようにしてほしい
・簡単に出来る所から。とてもいいと思いますよ。
・使えるものは使った方が断然いい
・最近地球温暖化が進んでいるので良いと思います
・環境のために新聞紙を使ったほうがいいと思います
・環境には良いが、しっかり包装を。
・紙ごみのほうが片付けが楽
・出来れば商品は袋とかに入れて新聞紙で・・・
・商品が汚れたりしなければ問題ないと思う。
どちらでもよいと思う
 20%
・オークションなどの商品の梱包に,
・商品が傷つかなければ問題なし。
・新聞の汚れが手について、商品が汚れそう
・gomi
・環境について考えることはいいことだと思う。
・カード払い可能になりませんか?
・新聞の黒インク防止のため、そのまま包まないで欲しい
・そんなの商品が保護されればどっちでもかわらん
・エコロジー発想からすると倹約してほしい気も
・新品はぷちぷち巻いて、空間には新聞紙を。
・○環境・コストカット △片付け大変・再利用不可
・商品に傷などが付かなければOKです
やめてほしいと思う
 14%
・インクで黒くなってしまう
・大量に使用する新聞紙の調達先が気になります
・新聞紙はたたみ直しに資源の手間で迷惑です。
・エアマットは他に利用用途があるから
・新聞紙のインクがパッケージに移る恐れがあるから
・プチプチが欲しいです
・プチプチで覆って、余ったスペースに新聞紙は別にいい
・次に通信買取の時に再利用できるから
・新聞紙はゴミ箱直行、プチプチは再利用してます。
・プチプチだけで十分
・良いことですが、こちらのエアマットは保存に重宝い
・個人ではなく商業の売り手としての商品の扱いを。
・新聞紙を触ってインクが手についた
・むしろエアマットに包んだ後テープで固定してほしい
・ゴミが増える
・ゴミになる
・新聞紙はゴミが増えてジャマ。プチプチのみでも十分。
・汚いイメージがあるので^^;
・ゴミが増えるだけで良いとは言えない
・ゴミが増える
・ゴミになる
投票結果を見る 投票されたコメントを見る

コムショップ通販


なぜ梱包に新聞紙を使っているの?

これまでコムショップ通販では段ボール箱にエアマット(プチプチ)のみを使用して梱包を行ってきました。

しかしプチプチを作るのには石油を使います。石油を燃やすことででるガスは地球温暖の進行にもかなり影響があります。
その他にも、ニュースなどで話題になっている残り少ない石油問題のこと。
コムショップ通販ではチーム・マイナス6%に参加し、企業として温室効果ガス排出量の削減に勤め、これからも継続的に行い、社会に貢献できる企業としてより一層環境意識を高めていくことを決定したこと。
「環境について考えて行動し、その記録をブログに残そう」と環境コムを始めたことなど。

その全部をふまえてプチプチの使いすぎにも気をつかおうと言うコムショップの方針となります。

それが梱包に新聞紙を使うようになった理由です。

でも、実際の目的は新聞紙を使いまくることではありません。
正確にはエアマット(プチプチ)の使用量を減らしましょうと言うのが「目的」になります。



どんな風に梱包されているの?

現在のコムショップではこんな風に商品を梱包しています。



ダンボール(商品にあわせたサイズです)に商品を入れます。
ダンボール(商品にあわせたサイズです)に商品を入れます。
こちらは下にエアマット(プチプチ)を敷いています。
商品やダンボールの大きさなどによって商品をエアマット(プチプチ)で包んだりします。


隙間にクッション(新聞紙)を入れます。
今まではこの隙間などにエアマット(プチプチ)を詰めていましたが、 今ではこんな風に新聞紙を入れたり梱包テープなどを使用しています。(なぜ新聞紙を使うようになったかはこちら
クッションの役割としては、これまでと変らない緩衝効果になっています。

隙間にクッション(新聞紙)を入れます。
商品と一緒に納品書などが入ります。


ダンボールをしっかり梱包します。

ダンボールをしっかり梱包します。
真ん中の白い部分に伝票が貼ってあります。



ちなみに配送伝票の商品名欄は全て、「パソコン補修部品」と記入されています。
パソコン補修部品   パソコン補修部品
少し見えにくいですが、赤線の部分にパソコン補修部品となってます。



このような形で梱包され、佐川急便によりお客様のもとへ配送されております。



投票を終えて・・・

たくさんのご意見・投票ありがとうございました。

多くのお客様のご理解とご支持をいただけたことをうれしく思います。

その中でも気になる意見を頂いたのでお答えしようかと思います。


新聞紙のインクが商品に付いて汚れないか不安です

これはこちらの説明不足でした。すいません。

コムショップの商品は基本的にシュリンク(新品のCDやDVDによくついているビニールのようなものです)されていますので、商品が汚れたりはしないようになっています。
シュリンクがされていない場合は、エアキャップ(プチプチ)でくるんだうえでダンボールに入れています。

例えば新聞紙を使う場合はこういった手順で商品をダンボールに入れています。


隙間にクッション(新聞紙)を入れます。 1.複数ある商品の場合・・・
2.このようにプチプチでくるんでダンボールに入れます。
隙間にクッション(新聞紙)を入れます。 3.それから新聞紙を入れます。

新聞紙で、シュリンクされていない商品を直接包むことはありません。




コムショップは
チーム・マイナス6%に参加しています
コムショップ通販の環境について 考えていくブログです。

←←コムショップ通販に戻る

←投票一覧に戻る